close

お問い合わせ内容の確認

会社名

部署名

ご担当者名

メールアドレス

お問い合わせ内容

修正する
送信する
close

お問い合わせ完了

お問い合わせいただきありがとうございました。
お問い合わせを受け付けました。

折り返し、担当者よりご連絡いたしますので、
恐れ入りますが、しばらくお待ちください。

お問い合わせ完了メールが届いていない場合は
エラーの可能性があるため再度お問い合わせください。

titletitle

団体よりご挨拶


  • kawase

    一般社団法人FUKKO DESIGN 代表理事
    河瀬大作

    一般社団法人FUKKO DESIGN 代表理事の河瀬と申します。普段は、NHKエンタープライズでプロデューサーを務め、番組制作をしています。

    最近、切に思っていることがあります。それは、ある課題を解決するには、ひとつの会社の中で収まらずに、みんなが持っているノウハウを集めていくことが必要だということです。
    課題が大きければ、大きいほど、組織の枠組みをこえて、沢山の知恵が必要になると思うのです。そんな中、防災・災害という課題に、様々な人たちと力を合わせて取り組む「一般社団法人FUKKO DESIGN」を設立しました。
    25年あまりNHKというメディアにいた僕は、いろんな局面で忸怩たる想いを抱えてきました。1995年の阪神・淡路大震災、岐阜局に配属されたばかりの新人の僕は何もできませんでした。2011年の東日本大震災のときには釜石に入りましたが、伝えることと作用することの間で思い悩みました。
    誰かのために、何かをしたい。
    そんな人たちが、それぞれが持てるチカラを寄せ集めたら、すごいアイデアが生み出されるし、きっと大きなチカラになる。そう信じています。

  • kimura

    一般社団法人FUKKO DESIGN 理事
    木村充慶

    FUKKO DESIGN 理事の木村です。普段はTBWA HAKUHODO という広告会社のPRディレクターとして企業や行政の広告・PRのお手伝いしています。

    東日本大震災以降、微力ながら仕事でもプライベートでも復興支援のお手伝いをさせていただきました。私は被災した地域で支援させていただく場合、なるべく早く現場に入ってボランティアをさせてもらいます。いわゆる土砂かきなどです。被災した現場で支援することで、見えてくることがたくさんあるからです。

    現場にいると最前線で支援している方のすごさを目の当たりにします。寝る間も惜しんで頑張っている行政やNPOなどの方々は本当にすごいなと思います。だけど、僕たちにできることもあるなと感じます。現場には手が行き届かない被災者のニーズがたくさんあります。もしかしたら被災地の外の人が持っているリソースやアイディアを使えばできることがあるのではと思いました。

    被災地は発災直後に大きく物事が動きます。すぐに支援できればもっと色々なことができる気がするし、その後の復興にもきっと良い影響があるはず。だからこそ、僕らもすぐに動き、できることをやりたいと思います。

お問い合わせ


    • ※入力されていません。
    • ※入力されていません。
    • ※メールアドレスが無効です。
  • ※入力されていません。

お問い合わせに関する注意事項

お問い合わせいただきました情報につきましては、当社からの回答およびサービス向上にのみご利用させていただきます。

お問い合わせの内容によってはご返答が遅れたり、ご返答できかねる場合もありますので、あらかじめご了承下さい。

※同意が必要です。

お問い合わせを送信する